back number / ハッピーエンド

この曲のサビのメロディがいつも思い出せない。

 

back number「ハッピーエンド」

福士蒼汰さん・小松菜奈さん主演の映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の主題歌にもなった曲です。

なのでCMとかでしょっちゅう聴いていて、歌詞もはっきりと覚えているのに、どういうわけかいつもサビのメロディが全然思い出せない。

 

青いまま 枯れていく

あなたを好きなままで消えていく

たぶんこのフレーズの、息切れするみたいなメロディラインがあまりにも切迫していて、よくあるキャッチーな失恋ソングと全然違うからじゃないかと思うのです。

普通失恋ソングって、切ない思いを滔々と語るみたいな感じになるじゃないですか。アップテンポな曲じゃなくてしっとりしたバラードだから、ワンフレーズワンフレーズがたっぷり長くなりがち。

そこへ来てこの曲は、"青いまま""枯れていく"と細かくブレスを入れながら、畳み掛けるようなピッチの上がり方をする。これがしゃくり上げるみたいな何とも苦しそうな息づかいに感じられるわけです。こんな失恋バラードあんまり聴いたことない。

 

 そもそもの出だしが凄い。

さよならが喉の奥につっかえてしまって

咳をするみたいにありがとうって言ったの

このたったワンフレーズで、いきなりぐわっとこのシーンに向き合わされてしまう。

たぶん喧嘩別れとかじゃなくて、わりと長く付き合っていた2人が、じわじわと少しずつ、でも致命的に不可逆的に、冷めていってしまったんだろうなぁ。

だから妙に落ち着いた別れ話のシーンになっていて、それがかえって絶望感を深くする。

 

こんなとき思い出すことじゃないとは思うんだけど

一人にしないよって あれ実は嬉しかったよ

こんなときだからこそさ、彼がとびきり優しかったときのこととか思い出しちゃうんだよね。わかるよ。長く一緒にいたぶん、スイートな思い出もあふれ出てきちゃうくらいいっぱいあるよね。

 

あなたが勇気を出して初めて電話をくれた

あの夜の私と何が違うんだろう

お互い何も変わらないはずなのにね。大好きだったのにね。なんでこうなっちゃったんだろうね。

 

青いまま 枯れていく

あなたを好きなままで消えていく

私をずっと覚えていて

・・・なんてね 嘘だよ 元気でいてね

もうこんなん泣くわ。

"私をずっと覚えていて"って、たぶん心の中でだけ言って口には出せなかったんだろうなぁ。

 

泣かない私に少しほっとした顔のあなた

相変わらずのんきね

そこも大好きよ

このあたりで、こちらの感情は徐々に相手の男への怒りに変わる。

どれだけ健気な良い子を振ろうとしてるのか、あなたわかってるんでしょうね?

ほっとしてる場合じゃないのよ、ねえ。

 

青いまま 枯れていく

あなたを好きなままで消えていく

私みたいと手に取って

奥にあった思いと一緒に握り潰したの

大丈夫 大丈夫 

"握り潰したの"という1音1音を置きにいくようなリズム運びも、"大丈夫 大丈夫"の絞り出すようなメロディ進行も、とにかくとにかく切ない。

 

そして最後は"さよなら"というフレーズを残して、ふっと曲が止まる。

うーん、切ない。

 

・・・・・・

 

・・・・・・えっ、まさか、飛び降りたりしないよね?

 

"あなたを好きなままで消えていく"

 

"握り潰したの"

 

"大丈夫 大丈夫"

 

・・・・・・

 

そしてタイトルは「ハッピーエンド」。

 

・・・・・・

 

・・・・・・この曲怖すぎるんですけど。

 

youtu.be

▲粉ミルクさんによるカバー。ちょっと怖さを軽減してくれる。