back number / 僕は君の事が好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい

この主人公とサシ飲みしながら失恋話を聞く女友達になりたい。

 

back number「僕は君の事が好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい」

 

まずこのタイトルが凄くないですか。

もうこれ言われたらぐうの音も出ない。

というか、これでこの話終わってしまうのでは。

 

そんな絶望感を抱きつつも、まあとりあえず曲が始まるわけです。

 

僕の世界は君を中心に回っていると言っても過言じゃない

これから生み出す全てを捧げても構わない

いきなりこんな勇み足のフレーズ。

このまま両思いカップルの話に突入するのが世の中のキラキラ恋愛ソングなのでしょうけど、そこを180度転回させてヘタレ失恋ソングに持ち込むのが、back number清水依与吏さんの真骨頂だと思うのです。

こんな気恥ずかしいことを真顔で言ってのけたかと思いきや、次のフレーズで自虐的に茶化しにかかる。

 

これにはあのクレオパトラでさえも ご納得いただけるクオリティの

 ご提供となるはずだったのにな

いらないって言われりゃそれまで

 クレオパトラもご納得だったのにね。"君"にはご納得いただけなかったのね。

この真顔と自虐のアップダウンが秀逸。

 

そして話は本題へ。

 

僕は君の事が好きだけど

君は僕を別に好きじゃないみたい

答えがあまりにシンプルすぎて

もうね 何も言えないね

ぐうの音も出ないってこの事だね

あまりにシンプルであまりに情けない結論。

「君の事が好きなのに」じゃなくて「好きだけど」というこちら側の控えめな態度とか、「君は僕を別に好きじゃない」の「別に」に現れる相手側の無関心感とか、細かい言葉選びが絶妙ですね。

 

「嫌い」じゃなくて「別に好きじゃない」って、それはぐうの音も出ませんね。

それをこんなあっけらかんとしたメロディで軽々と歌うのがかえって切ない。

 

もし自分が彼の失恋話をサシ飲みしながら聞いている女友達だったら、「もうそんな子やめて私にしなよ」って言ってしまいそう。ハイボール飲みながら。 

 

でも気が済むまで好きでいるけど

あんまり気にしないで

そしてとどめはこのワンフレーズ。

明るい曲調なので未練がましい感じにはならず、「気が済むまで好きでいる」という突然のオレ様感がちょっとドキッとさせる。

でも最後にちゃんと「あんまり気にしないで」というヘタレ感を添えるのを忘れないところがさすが。ちょっと低めの音階でキレよく刻まれるメロディラインがキマってるのに、言っていることはあくまでも低姿勢というバランスが秀逸ですね。

 

続く2メロもしみじみいい。

誰より大事にしたいと思う

僕じゃなんでダメなんだろうな

あなた本当マジメで優しくていい男だよ。なんであの子にはうまく伝わらないんだろうね。そう言いながら彼のグラスにビールを注ぐ女友達(=私)。密かに彼に恋心を抱いている女友達(=私)。

 

僕は君の事が好きだけど

君は僕を別に好きじゃないみたい

彼氏がいるわけじゃないみたいだし

そうか好みじゃないのね

絶望って言葉がぴったりだね

 

せめて彼氏がいるからとか好きな人がいるからとか、言ってほしかったよね。なぐさめつつ、また彼のグラスにビールを注ぐ女友達(=私)。

 

押してもダメなら引いてみようかな

いやきっと気付かれもしない 

この冷静な一人ツッコミも切ない。

そろそろ私の密かな思いにも気付いてくれないかな。

 

もうやけくそだって バカなふりして

来週また言ってみようかな

毎週言ってみようかな 

ここで急に男らしさをのぞかせる主人公。

こんなふうに毎週好きだって言われ続けたりしたら、その一途さに相手もそのうちほだされてしまいそうじゃないですか。

主人公に密かに思いを寄せる女友達(=私)は、それストーカーっぽいからやめなよなんて冗談めかせてなだめながら、内心ハラハラしている。

 

 

 

この女友達の視点で一曲書けそうですね。

 

▼粉ミルクさんによるカバー

youtu.be